「貯水槽リユース工法」|天板補強・外部天井部補強ライニング工事

『貯水槽リユース工法会』 は有限会社こうすいによる「貯水槽メンテナンス」と「FRP貯水タンク再生技術」のWEB SITEです。
Home » 貯水槽リユース工法|top »  天板補強・外部天井部補強ライニング工事

貯水タンクの天板補強・外部天井部補強ライニング工事

天板補強

−こんな症状ありませんか?−

  • 天井面の上に乗るとフワフワとした感じがする
  • 外部天井パネルの継ぎ目が開いたように見える
  • タンク内部の気相部にある梁金物に黒いものが溜まっている
  • タンクの中を覗くと外の光が透けて見える
  • 外部の側面が目で見てキラキラしている
  • 天井面の劣化が進行し強度が低下している
  • 接合部のパッキンが劣化している
  • 外部表面のゲルコートやポリエステル樹脂が紫外線や風雨・気温変化などで退行し、補強材であるガラス繊維が露出し始めている

進行すると・・・

  • タンクの強度が低下する
  • 雨水がタンク内へ侵入する恐れがあります
  • タンク内部に紫外線を通してしまうため内部に藻が発生する恐れがあります

−劣化を食い止めるためには−

  • 天井パネルの接合部の隙間を埋め、雨漏りしない様に処置しなくてはなりません。
  • FRP補強やコーティングによりガラス繊維の飛散を防止し、紫外線を通さないための遮光処理等、適した施工を施す必要があります。

タンクの補修・補強に関するご質問は、お気軽にお問い合わせください。


ページトップへ戻る
 

REUSE WEB SITE MENU

このサイトはIE6以上に最適化されています。これより古いバージョンをお使いの場合、正しく表示されないことがあります。

THANKS - ホームページ制作  フリー素材  無料WEB素材
Copyright (C) リユース工法会事務局 All Rights Reserved.